「かっこいい」も「かわいい」も叶えてくれる。一眼レフカメラで素敵な写真を撮るヒケツ

ネイル写真を撮るならこのレンズ

こんにちは。ネイルマーナの山本めぐみです。

今日は、ウェブレッスンを受講してくださったネイリストさんからの質問にお答えします。お問合せいただいたのは、〈レンズについて〉です。

レンズを交換できるカメラをお持ちのネイリストさんの参考になるよう記しますのでぜひお読みください。

 

先日のブログで書きましたが、一眼レフカメラやミラーレスカメラはレンズを交換することができます。

 

初めてカメラを購入する時には、カメラのボディとレンズがセットになっているものをお求めになることが多いと思います。もちろんそのレンズで撮影することができますので、カメラの操作に慣れるまではそのレンズで撮ってみてもいいでしょう。

 

やがて、カメラの操作に慣れてくると、撮りたい写真のイメージが浮かんできて、思うように撮れないもどかしさを感じる瞬間が出てくることがあります。その時が新しいレンズを購入するタイミングかもしれません。

 

ただし、「どのレンズがおすすめですか」と聞かれたとしても、撮りたい写真は人それぞれですし、使っているカメラも違うので特定のメーカーレンズは挙げられないのです。ですので今回は、私だったら「このスペックを見てレンズ買うよ」というのをご紹介しますね。

 

もしネイル写真を撮るためのレンズを持っていなかったら、まずはマクロレンズ購入を考えます。ネイルの撮影に向いているかどうかは、次の4つの仕様を調べます。

 

・近づいて撮影できること=最短撮影距離(0.23m)

近くからも遠くからも撮影しますが、ネイルチップでもお客様のネイルでもできるだけ近づいて撮りたいこともあるのです。

 

・明るく撮影できること=解放絞り値(f2.5)

数値が小さいほど、明るく撮れます。太陽が出ていない日でも、できるだけ明るい写真を撮りたいですね。

 

・大きく撮影できること=最大撮影倍率(0.5)

そもそもネイル自体が小さいのでアートが分かりやすいようにしたいのと、インスタグラムで目立つように大きく写したいです。

 

・焦点距離=レンズから撮像素子までの距離(50mm)

カメラのボディにもよりますが、人間の目に近いのは50㎜と言われています。

 

ちなみに私が使っているレンズは、Canon 単焦点マクロレンズ EF50mm F2.5で、かっこの中は私のカメラの仕様です。(現在中古でのみ購入できます)

 

私は、ネイル写真のほとんどをこのマクロレンズで撮影しています。標準レンズで撮影している方はぜひマクロレンズを使ってみてください。トップのシェルストーンの写真もマクロレンズで撮影しました。まるで宝石みたいにきれいに写すことができるんです。

 

一本のマクロレンズで世界が変わりますよ。