「かっこいい」も「かわいい」も叶えてくれる。一眼レフカメラで素敵な写真を撮るヒケツ

インスタグラムの写真を進化させる

こんにちは。ネイルマーナの山本めぐみです。

 

先日、「最近インスタグラムを頑張っています」というネイリストさんとお話をしました。

 

私のサロンのお客様からも、「インスタグラムで見たデザインが気になる」とおっしゃっていただくことが増えてきています。インスタグラムはもはや、ネイリストやネイルサロンには欠かせないSNSとなっていますね。

ブログはやっていなくても、インスタグラムのアカウントは持っているというネイリストさんもこれからは増えていくのではないでしょうか?

 

そんなインスタグラムですが、デザインカタログ的にこのような写真載せるのも良いのでしょうが、素敵に見える撮り方のコツをご紹介したいと思います。

上と同じお客様のネイルですが、右足の親指にクローズアップしました。

全体を写した時より大きく見えるため、アートの印象が強くなりますね。

 

 

次はハンドの写真です。

ハンドの写真も爪に寄ったものと全体を写したものと2枚並べてみます。

寄りの写真はアートの細部までよーく見えますし、10本の爪が写った写真は全体のイメージがつかみやすいですね。

どちらにも良さがありますし、正解不正解はありません。

お客様にどこを見てもらいたいのかを考えて、写真撮影&写真選びをしてみてください。